So-net無料ブログ作成
検索選択

「風立ちぬ」 興行収入120億 赤字 宮崎駿監督 映画ってそんなにお金かかるの? [映画]

スポンサーリンク




poster_L.jpg

「風立ちぬ」興行収入120億達成!

スタジオジブリ宮崎駿監督引退作品「風立ちぬ」が興行収入が100億円突破。
「風立ちぬ」をみて、私的には「何とも言えない」が感想です。
しかし、この何とも言えないは良い意味です。
感覚的には、とても良い、ためになる講習を受けた後にうける感覚と似ていましたね。

とてもメッセージ性が強くあったのはわかりました。
時代背景をよりリアルに表現されており、こういった時代があったんだな。と

ゼロ戦がテーマになっているので、結構批判されてもおりましたが、
戦争を肯定するような印象は皆無。そしてゼロ戦の創作・芸術性は特にスポットを当てておりましたが

戦闘機としてのゼロ戦はどこか悲しく表現されていたのではないかと。

全体的には、日本人の素晴らしさの部分を表現したとても良い映画です。
世界各国でも評価は高いですね。

ですが、どうやら赤字というインタビューが掲載されtましたが、

どうして、そんなにかかるの?と思いませんか?

ギャラ?営業費?製作費・・・?

何がそんなにお金かかるの??

どうやら製作費が三分の一、宣伝費が三分の二という感じですかね。

実際、この映画を製作するのに2年間かけてますからね。
その間の人件費、設備費、取材なんかにも結構使ってそうですね。

ギャラなんて大したことないのですかね。

あとは宣伝費。本当にコマーシャルするのって高いのですね。

ですが、今後DVDとかでれば、(出てるのかな?まだか?)印税等の収入もあるでしょうから
少しでも、儲けがでたら、もう一度宮崎駿監督の作品見れるかもしれませんね 笑




スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。